お年寄りになると避けて通れない尿臭

老人 尿臭 原因

老人臭の一つとして尿の臭い(アンモニア臭)が挙げられます。これは尿自体の臭いである場合と、体臭がアンモニアを含むことで尿臭く感じてしまうという2通りのパターンがあります。

 

加齢により尿の『切れ』が悪くなることで、用を足した後、下着に尿が付着することがあります。尿臭の一つであるアンモニアは時間が経つと臭気が強くなるため、本人も気付かないうちに衣服から尿臭を発してしまいます。

 

さらに年齢を重ねると尿道に雑菌が繁殖しやすく、お年寄りは尿の臭いが強くなりやすいと言われています。糖尿病や尿路感染症を患うと抗菌力が弱まり、雑菌は繁殖しやすくなります。

 

また、加齢や疲労で腎臓の機能が衰えると、体内のアンモニアをうまく分解できなくなります。行き場を失ったアンモニアは、汗や皮脂とともに毛穴から流れ出し、臭いを発します。そのためトイレに行かなくても、体臭として尿臭さを感じることがあります。

 

尿臭の問題はデリケート

老人 尿臭 指摘

尿臭は、数ある体臭の中でも不快感を持たれやすいニオイでもあります。また本人にとっても非常に辛く恥ずかしいものであるため、指摘されると大きなショックを受ける人が多いです。

 

自分では気付きにくく、すぐに改善できる問題でもないので、指摘されてもどうしようもないという歯がゆさがあるのです。中には腹を立てる方もいますし、心を閉ざしてしまう方もいます。むやみに指摘するのは良い方法とは言えません。

 

かと言って臭いは我慢できるものではありませんから、対応は難しいものです。特に介護の現場では深刻な問題となっており、たくさんの人が対応に苦慮しています。

 

尿臭の効果的な対策は?

老人 尿臭 対策

オムツの着用に至っておらず、布団やシーツ・マットなどに付着した場合は消臭グッズで対策しましょう。消臭スプレーはしっとりするまで多めに吹きかけ、よく乾かします。

 

また、尿臭用に開発された洗濯洗剤もあります。繊維の奥まで浸透し、尿臭や黄ばみを落とす成分を配合しています。

 

水分が足りないと、尿が濃くなります。トイレの回数が増えるため水を飲まないようにする人がいますが、逆に尿臭を強くしている場合もあります。水分は適度に摂りましょう。

 

本人の理解が進めば、オムツなどで下着への尿臭の付着を防げるようになります。捨てるときは臭いの元になるので、ビニール袋に入れて口を固く縛り、処分まで冷暗所で保管しましょう。密閉した容器などを利用するのが効果的です。オムツ交換後は、陰部を洗浄します。

 

老人臭ケアに効果的なヌーラ

老人臭 対策 ヌーラ

ヌーラはシュッとひと吹きするだけで、衣類に付く臭いを強力に予防するスプレーです。口コミで広がり、累計20万本を超える販売数を誇ります。お年寄りの服でも着る前ひと吹きするだけと簡単で、効果は一日長続きします。

 

ワキガ・加齢臭・足臭・汗臭・尿臭といった不快な臭いを発生する前に防ぎます。臭いの原因が『衣類の雑菌』であることに注目し作られているため、老人臭をはじめ様々な臭いに対応できます。

 

>>ヌーラの詳細はこちら

 

>> 【老人臭対策】お年寄りの体臭の原因は?  TOP