お年寄りは口臭が出やすくなる

老人 口臭 出やすい

口臭はとても辛いものです。周りの方たちに不快な思いをさせてしまいますし、自分自身も辛い思いをしてしまいます。口臭には種類があり、
・何かが腐ったようなニオイ

 

・甘酸っぱいニオイ

 

・ツンと鼻をつくようなニオイ

 

など様々です。

 

年齢を重ねると、臭いを抑えるための体の機能が衰えてきます。そのため若い頃はしなかったはずの臭いが、50代を迎えたあたりからするようになってきます。また長年にわたってタバコやアルコールを嗜んできた人はその傾向が強くなります。

 

舌が汚れているためにニオイが発生することもあります。口が乾燥しても臭うこともありますので、こまめに水分補給をしましょう。特に老人は口臭が出やすくなっています。

 

老人の口臭の原因

老人 口臭 原因

まず一つは、唾液の量が減ることです。年を重ねるにつれて、唾液の量は徐々に減少します。口の中の細菌が食べカスを分解するときにニオイを発するのですが、唾液はこのニオイを抑える役割があります。しかし、分泌量が減ってしまうと十分な働きができなくなります。

 

また、歯周病の悪化や入れ歯によるものも考えられます。歯周病は、細菌の塊である歯石がたまっていくことでニオイが発生してしまいます。入れ歯をしていると、作りが細かいのでどうしても磨き残しや磨き足りていないところが出てきてしまいます。

 

便秘もニオイの原因です。腸内の悪玉菌が増え、腸内環境が悪化すると便秘を繰り返すようになります。腸内に滞留した便から悪臭が発生し、口臭や便臭を強くしてしまいます。

 

老人の口臭の対策

老人 口臭 対策

老人の口臭の対策は、やはりお口の中を清潔に保つことです。細菌が発生しなくなれば、ニオイも発生しなくなります。虫歯や歯周病が原因の場合は、歯医者に通って治療を受けるとニオイがなくなります。

 

食事の後、30分以内にうがいをすることも、お口の中がアルカリ性に変わるので効果的です。入れ歯が原因の場合は、出来るだけこまめに清掃をし、消毒をするようにしましょう。

 

便秘が原因の場合は、お通じをよくすることが大切です。乳酸菌や食物繊維を多く含んでいる食べ物を積極的に食べることで、改善されていきます。また乾燥をすると臭いが発生してしまいますので、お水をこまめに飲むようにしましょう。

 

老人臭ケアに効果的なヌーラ

老人臭 対策 ヌーラ

ヌーラはシュッとひと吹きするだけで、衣類に付く臭いを強力に予防するスプレーです。口コミで広がり、累計20万本を超える販売数を誇ります。お年寄りの服でも着る前ひと吹きするだけと簡単で、効果は一日長続きします。

 

ワキガ・加齢臭・足臭・汗臭・尿臭といった不快な臭いを発生する前に防ぎます。臭いの原因が『衣類の雑菌』であることに注目し作られているため、老人臭をはじめ様々な臭いに対応できます。

 

>>ヌーラの詳細はこちら

 

>> 【老人臭対策】お年寄りの体臭の原因は?  TOP