老人臭と加齢臭は同じもの?

老人臭 加齢臭 違い

老人臭と加齢臭はよく似ていますが、一緒ではありません。厳密には、加齢臭や年齢による体臭、口臭などを総称して老人臭と呼びます。

 

体内で発生する活性酸素のために過酸化脂質の量が増えると、体の皮脂から発生する臭い物質を分解しにくくなります。そのため、いろいろな臭い混ざるようになり、独特の臭いを発するようになります。これが老人臭と言われる臭いです。

 

また、年をとると便秘になりやすくなり、排便が長く起こらないとそれが臭いの原因になることがあります。そして年齢とともに、消臭作用があると言われている飽和脂肪酸が体内で作られにくくなります。そのことも臭いの原因の1つだと言われています。

 

さらに、この他に加齢臭も発することがあります。様々な臭いが混ざり合う老人臭は、改善が難しいと言われています。

 

そもそも加齢臭ってなに?

老人臭 加齢臭 ノネナール

加齢臭とは、中高年ぐらいの年齢になると起こるようになる独特な臭いがする体臭のことです。臭いは人によって異なり、強い臭いで悩んでいる方もいれば、それほど臭いが気にならない人もいます。

 

加齢臭の元となっているのは、脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことによって生じるノネナールという物質。不規則な生活や偏食を続けていると皮脂腺に脂肪分が増え、ノネナールが増加します。また、強いストレスもノネナールが増えるので、臭いが起こりやすくなります。

 

臭いが気になっているという方は、規則正しい生活と栄養バランスが摂れた食生活を心掛け、ストレスを感じたときは、上手く解消できるように自分なりのストレス解消法を見つけておきましょう。

 

それぞれ何歳くらいで発生する?

老人臭 加齢臭 何歳から

時期には個人差がありますが、一般的には、40代頃から加齢臭が発生し始めるのが一番多いと言われています。これは、40代が一番皮脂の分泌が多くなるからです。最近は、食生活の乱れやストレス、お酒やたばこなどが原因で30代から臭いが起こる人もいるようです。

 

老人臭は、加齢に伴い起こるようになる臭いなので、一般的に臭いが起こるのは50代以降と言われています。しかし加齢臭が起こるのが早く、40代から老人臭が起こるという人もいます。年齢による代謝の低下により起こる口臭や便臭も老人臭の1つなので、臭いが起こる時期には、開きがあります。いずれも、
・規則正しい生活を送る

 

・栄養バランスが摂れた食生活

 

・ストレスを溜めない

 

を続けていると抑えることができます。臭いが気になる方は生活を見直してみましょう。

 

老人臭ケアに効果的なヌーラ

老人臭 対策 ヌーラ

ヌーラはシュッとひと吹きするだけで、衣類に付く臭いを強力に予防するスプレーです。口コミで広がり、累計20万本を超える販売数を誇ります。お年寄りの服でも着る前ひと吹きするだけと簡単で、効果は一日長続きします。

 

ワキガ・加齢臭・足臭・汗臭・尿臭といった不快な臭いを発生する前に防ぎます。臭いの原因が『衣類の雑菌』であることに注目し作られているため、老人臭をはじめ様々な臭いに対応できます。

 

>>ヌーラの詳細はこちら

 

>> 【老人臭対策】お年寄りの体臭の原因は?  TOP