加齢臭対策には殺菌が重要

入浴

加齢臭が気になると、体を毎日洗うなど気を使います。しかし毎日体を綺麗に洗って汗や皮脂汚れを落としても、加齢臭がとれないことがあります。加齢臭を解消するためには体を洗うことが大切ですが、その際に使用するボディーソープは、成分をキチンを確認することが重要です。

 

加齢臭に効果が期待できるボディソープには殆どが柿タンニンが配合されています。柿タンニンには消臭効果があるため、加齢による嫌な臭いには必要な成分です。しかし柿タンニンだけ配合しても加齢臭の根本原因を解消することはできません。

 

プラスして必要なのは殺菌成分です。イソプロピルメチルフェノールの殺菌作用は、加齢の臭いの成分であるノネナールが起きにくくなるよう、皮脂を分解する雑菌を除去する効果が期待できます。

頭皮の加齢臭対策

加齢臭頭

加齢臭の原因はノネナールで、ノネナールを落とす効果があるシャンプーを選びます。年齢と共に発せられる嫌な臭いはノネナールで、このノネナールは肌に強くこびりつきシャワーで流す程度では落とすことができません。

 

一般的なシャンプーは洗浄力が弱いため、ノネナールを洗い落とすことができないのです。高い殺菌成分があるシャンプーを選ぶ場合、イソプロピルメチルフェノールが成分として配合されています。イソプロピルメチルフェノールの高い殺菌力で加齢による嫌な臭いを除去することができます。

イソプロピルメチルフェノールは殺菌効果が高く刺激が強い可能性があるため、頭皮の乾燥を招くことがあります。そのため皮脂をしっかりと落としつつ、保湿成分が配合されているシャンプーを選ぶことも良い選択です。

 

手洗い石鹸にも使われるイソプロピルメチルフェノール

手を洗う

薬用の手洗い石鹸にも、イソプロピルメチルフェノールが配合されています。イソプロピルメチルフェノールは殺菌や抗菌作用が強く、成分表に表記することが義務付けされている成分です。

 

手洗いの際には殺菌作用が高い手洗い石鹸を使うことは有効ですが、手の表面などに存在している常在菌は皮脂膜を作り、手荒れや悪玉菌が増殖することを防ぐバリア機能の役割があります。

 

過剰な殺菌をすると常在菌の機能が低下して手荒れの原因となってしまうこともあります。そのためイソプロピルメチルフェノールが配合されている手洗い石鹸を選ぶ際には、バリア機能が保たれる手洗い石鹸を選ぶことが殺菌しながら手荒れなどを招かない方法です。

 

>> 【老人臭対策】お年寄りの体臭の原因は?  TOP